“怒”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おこ50.5%
いか31.7%
いかり14.0%
おこり0.5%
をこ0.5%
いから0.3%
おこっ0.3%
0.3%
イカ0.3%
いかる0.2%
いかっ0.2%
いき0.2%
いきどほ0.2%
おこる0.2%
ごしゃ0.2%
たけ0.2%
0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ったねえ、えらい人が来るんだよ。られるといけないからもう帰ろうか。」私がいましたら慶次郎は少しって答えました。
二人の役人 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
武蔵はったが、間に合わなかった。役人たちの身支度からして物々しかったが、行くほどに途々していた捕手のしさに驚いた。
宮本武蔵:07 二天の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
かな五月の流が、い野を走るように、瑠璃子は雄弁だった。黙って聴いていた勝平の顔は、嫉妬のために、黒ずんで見えた。
真珠夫人 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
死人のような目で空をむように人の顔を見ています。おお、気味が悪い。あれは人間ではございませんぜ。旦那様、おなすってはいけません。
それをきいたかぼちやのつたのらないのつて、のやうな拳固をふりあげてらうとしましたが、にひつまつてゐてかれない。
ちるちる・みちる (旧字旧仮名) / 山村暮鳥(著)
汝等が執持致せしも同前なりるに九助は其等の儀をずして速かに離別に及び父が遺言んじ不埓の伯父女房等に大切の金子を配分遣たるを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
ちゃけないことよ」と客の少女はきまり悪るそうに笑って言出し兼ねている。
二少女 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
チョイとを卷いて、忽ち海風に散つてゆく、浪は相不變、活動寫眞の舞踊歩調で、り重り沖から寄せて來ては、雪の舌を銀の齒車の樣にグルグルと卷いて、ザザーッと鳴り散らして颯と退
漂泊 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
レ、ミテリテハ沸々リテハハ、ミナトンノデアル。肉体死亡デアル。キミノ仕事ノコルヤ、ワレノ仕事ノコルヤ。
創生記 (新字新仮名) / 太宰治(著)
是れ女子第一の也。夫の教訓有らば其べからず。疑敷ことは夫に問ふて其下知に随ふべし。夫問事あらば正しく答べし。其返答なるは無礼也。夫若し腹立は恐れてべし。
女大学評論 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
さては此奴みしならんト、思ひめつて、あり合ふ手頃の棒おつとり、黄金丸の真向より、骨も砕けと打ちおろすに、さしもの黄金丸肩を打たれて、「」ト一声叫びもあへず
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
り立つたるビエルヂバブには、遮二無二ヴィオロン掻きめさる!
みよ、蒼穹の りを
秋の瞳 (新字旧仮名) / 八木重吉(著)
のがくつてだなんて強請れんで、何時でもわしんでがすが、お内儀さんへも不義理ばかりしてそんなぢやねえつてつてかせても
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
「又三郎、おれぁあんまりで悪がた。許せな。」
風野又三郎 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
如何年若なればとて盜賊はりは何事ぞ是にはな證據でも有ての事か是サ組頭默言て御座つてはますまいとり立れば組頭の周藏傳兵衞もれ居しが漸々進み出コレ藤八殿餘りきな聲を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
次に久米摩伊刀比賣、次に伊呂比賣、次に葛城長江曾都毘古は、玉手の臣、的の臣、生江の臣、阿藝那の臣等が祖なり。また若子の宿禰は、江野の財の臣が祖なり。