ランボオ詩集ランボオししゅう
初期詩篇 感動 私はゆかう、夏の青き宵は 麦穂臑刺す小径の上に、小草を蹈みに 夢想家・私は私の足に、爽々しさのつたふを覚え、 吹く風に思ふさま、私の頭をなぶらすだらう! 私は語りも、考へもしまい、だが 果てなき愛は心の裡に、浮びも来よう 私 …
作品に特徴的な語句
おつむり もら おそば くづほ おまへ たた とき めんめ ちれ 化粧おめかし 冷笑ひやかしわらひ あはひ 女子あまつこ 老爺ぢぢい もの くる まざ 衝突ぶつかり しづ ぢぢい けへ まアる 露台ヷルコン 祖母ばあさん いき 恍惚とろ かへ かをり 養母そだておや なげ 念珠じゆず ほつぺた 一杯いつぺエ 自然おまえ 幸福しやはせ 衝突あた をのの とも 準備こしらへ 中央たゞなか 臨終をはり 打衝ぶちあ しづく おほ おでこ 返報むく 中心もなか うづく 空腹ひもじさ じふ および 水精みづはめ 眩暈めくるめき 耀かゞよ こぼ 饒舌おしやべり 灯火ひかり 凝結こごり にほ そら 物語ロマン 大砲ほづつ ねぐら くれ 野面のも かな めめ 道中みちみち れん 薄明うすらあかり 泡沫しはぶき 微笑ほゝゑみ 似合ふさ 姉妹あねいもと づら 妖怪おばけ きう はづ 基督エス 終焉をは 仮漆ラツク 後方しりへ 消費つひえ 曙光あけぼの おぼ 最初はじめて 犠牲にへ 具合ぐえイ 趣味あぢ 刺繍ぬひとり しやが いたづら