“基督”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
キリスト89.5%
クリスト5.8%
きりすと2.1%
ハリストス1.6%
エス1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これは実に十九世紀後半までの大勢であって、宗教の如きも基督教以外に真宗教無しとし、他の宗教者を目するに異宗徒を以てした。
日本の文明 (新字新仮名) / 大隈重信(著)
基督方伯の前に立てる時も又同じ。彼等は何事をも自らのために弁ぜざりき。然も其緘黙しこの世に於ける最大の雄弁たりし也。
閑天地 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
世間では其論策の内容をり伝へて、廃帝を議したなどゝ云つたり、又洋夷と密約して、基督教を公許しようとしてゐるなどゝ云つたりした。
津下四郎左衛門 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
れぢや基督でもきませう、基督いたり、微笑したり、んだり、つたり、んだりして、現實して反應してゐたのです。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
……学校の制服を脱ぎ捨てると、車座になった潮くさい基督どもの盃に威勢よくウイスキーを注いで廻る。
キャラコさん:05 鴎 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)