“對”のいろいろな読み方と例文
新字:
読み方割合
たい50.0%
むか23.7%
つゐ15.8%
むかひ2.6%
こた1.8%
つい1.8%
0.9%
むかは0.9%
あた0.9%
こたへ0.9%
たひ0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
日本化物貧弱なのにして、支那るとる、支那はあの尨大であつて、西には崑崙雪山諸峰際涯なく
妖怪研究 (旧字旧仮名) / 伊東忠太(著)
もしそれ正しき刑罰を不義の快樂はしめつゝ、罪のつくれる空處を滿すにあらざれば、人その尊さに歸ることなし 八二—八四
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
こいつは二朱や一分で買へる品ぢやねえ。お篠が姉とにこしらへて、自慢で持つてゐたことは、淺草中で知らない者がないくらゐだ
には、常に聖にして、曠野、殉教、二年の間地獄にへしかの大いなるジョヴァンニの座またこれとなり 三一—三三
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
其後(六二)抑損す、晏子しんでふ。ふ。晏子めて大夫せり。
つてたのはで、綺羅美やかな服裝をして、片手には山羊仔皮手套を一片手にはきな扇子つて
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
ここに千引のをその黄泉比良坂に引きへて、その石を中に置きて、おのもおのもき立たして、事戸す時二〇に、伊耶那美の命のりたまはく
ねだり取らんと云彼がに候はんと申立れば越前守殿はお兼にれ汝吾助と申合せ宅兵衞を欺きしは相違無や少しにてもらば苦敷思ひを爲べしと言和らかに申されけるにお兼は漸々
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
日蓮聖人の消息文の中から、尼御前たちにへられた書簡を拾つてゆくと、安産の護符をおくられたり、生れた子に命名したりしてゐて、哲人日蓮、大詩人日蓮の風貌躍如として
方國沴氏眞四角先生にて、すなはち明州刺史たり。へてつてく、ぞ。る/\く、竺阿彌ますと。方國をせめてく、職分としてくべし。
唐模様 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
はさるべくははしたけれど、七萬石先祖勳功し、皇室藩屏といふし、ことはなしきに表立ちてはがたけれど、れには一人、ことに兩親老後にて
暁月夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)