暁月夜あけづきよ
櫻の花に梅が香とめて柳の枝にさく姿と、聞くばかりも床しきを心にくき獨りずみの噂、たつ名みやび男の心を動かして、山の井のみづに浮岩るヽ戀もありけり、花櫻香山家ときこえしは門表の從三位よむまでもなく、同族中に其人ありと知られて、行く水のながれ清 …
作品に特徴的な語句
退のい かき 微笑ほヽゑ おふ とヾ ちヽ 邂逅たま わが たつ ひる はヽ ぶし きヽ わたく いたヾ 可憐いとほし たヾ うなづ しやう 情緒こヽろ ひヾ たヾ 燈火ともしひ つヽ あわたヽ はヾか 心付こヽろづき こヽろざ たヽ 可愛かあゆ あき 無情つれなく たひ 成長おうきう こヽの 彼地かしこ 此家こヽ ほヽ わた ひめ 衆人みな みづ さとし ぎやう はろ 小刀ないふ 成長おほきく うま 説明はな 事故よし いう 侍女つき なほ こヽろ 可憐いぢら どほ 日暮ひく 拍子へうし のたま 成長おほきう 活溌はね 彼地あしこ 女子むすめ 此邸こヽ うつ かき をは 時機あは しよ かヾみ たへ いぢ いれ ちゆう 想像おもひ わろ きは かたはら とゞ うへ 小笹をざヽ まうし