“可憐”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かれん64.3%
いじら7.8%
いとし3.8%
かわい2.4%
いと2.4%
いじ2.2%
いぢら1.9%
いじらし1.6%
しおら1.6%
あはれ1.4%
いたいけ1.1%
あわれ1.1%
いとほし0.8%
かわゆ0.8%
いぢらし0.5%
かあい0.5%
あはれむべし0.5%
いぢ0.5%
いとお0.5%
しをら0.3%
しをらし0.3%
あどけな0.3%
あわれむべし0.3%
いたい0.3%
いたはし0.3%
いとおし0.3%
いとしぼ0.3%
かな0.3%
かはいら0.3%
かはゆら0.3%
かわいさう0.3%
しお0.3%
しおらし0.3%
しほ0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
髪の手ざわりの冷たいことなどもな気がして、恥ずかしそうにしている様子が可憐であった源氏は立ち去る気になれないのである。
源氏物語:27 篝火 (新字新仮名) / 紫式部(著)
「根に力を蓄え、望みは、永遠の結実に持て。——そうるわしの施政が踏みしめて来た領土。ここの領民は可憐しいものたちよ」
梅里先生行状記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
けれど、妾もあの通り、可憐い妹を振り捨て、受けられる栄華をも捨て切って、身も命も貴方に投げ出しているのではございませぬか。
剣難女難 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
あの洋服屋も可憐そうな男だ、四十幾つになって、店はつぶれる、妻には先だたれる、身を寄せるところさえもなくなり
六月 (新字新仮名) / 相馬泰三(著)
我を可憐しと思へる人の何故にさはざるにやあらん。かくまでに情篤からぬ恋の世に在るべきか。疑ふべし、疑ふべし、と貫一の胸は又乱れぬ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
「あのがいとしい、可憐らしい。これへ招いて、幸右衛門から杯などやって欲しい。十内どの、どうであろう。千秋様、は、どうお座りましょうの」
れむだらうか? ふだらうか? それともまた淺猿しがるだらうか? さうしてあの可憐しくも感謝滿ちた忠實愛情
(旧字旧仮名) / 水野仙子(著)
したけな?』と囁いてみたが返事がなくて一層歔欷く。と、平常から此女のしく優しかつたのが、俄かに可憐くなつて來て、丑之助は又
天鵞絨 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
が、また娘分に仕立てられても、奉公人の謙譲があって、出過ぎた酒場の給仕とは心得が違うし、おなじ勤めでも、芸者より一歩退って可憐しい。
灯明之巻 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
可笑可憐なる事可怖き事種々さま/″\しがたし。やう/\東雲りて、水もたりとて諸人安堵のおもひをなしぬ。
兄は、妹のそのようすに気がつくと、「このような、可憐な少女の心にも何かなやみと云ったようなものがあり得るものだろうか。」
田舎医師の子 (新字新仮名) / 相馬泰三(著)
ろうとしても渉り得ない二人の児童が羨ましがってび叫ぶを可憐に思い、たちには来ることのできぬ清浄の地であるが、さほどに来たくば渡らしてやるほどに待っていよ
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
まづ歌ひつゝ空に漂ふ可憐雲雀が、やがて自ら最後のうるはしさにで、心足りてすごとく 七三—七五
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
私はもう今宵かぎり何うしても歸る事は致しませぬとて、斷つても斷てぬ子の可憐さに、奇麗に言へども詞はふるへぬ。
十三夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
『怎したけな?』と囁いてみたが返事がなくて一層歔欷く。と、平常から此女のしく優しかつたのが、俄かに可憐くなつて来て、丑之助は
天鵞絨 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
おぢさん「は〻あ、可憐いものだなあ。動物園でもなんか一番よくるつてね、嚊声不忍池までへるつてさ」
二人のは色白くして玉をべたる美人也、菓子をながら見あはして打ゑみたるざし、愛形はこぼるゝやう也。かゝる一双の玉を秋山の田夫にせんは可憐としてるがし。
たゞ五人の中央にけられたる初花太夫が、振り乱したる髪の下にてすゝり上げ/\打泣く姿、此上もなく可憐らしきを見るのみ。
白くれない (新字新仮名) / 夢野久作(著)
その時、祠の陰から、お篠の代首を、今は口には銜えず、可憐しそうに両袖に抱いた、仮面のような獅子顔の男が妖怪のように現われ、お篠の横へ立った。
鸚鵡蔵代首伝説 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
満枝は惜まず身をして、彼の前にぐる可憐しさよ。貫一は如何にともる能はずして、いたり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
可憐き束髪の頸元深く、黄蘖染半衿紋御召二枚袷を重ねたる衣紋づ謂はんやう無く、肩状内俯したる金茶地東綴の帯高く、勝色裏敷乱れつつ
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
お房の笑顔には、親より外に見せないような可憐さがあった。
家:01 (上) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
可憐お手飼の狆は、一棒をってころりと往生し、四足を縮めて横たわりぬ。
貧民倶楽部 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
ることも發見すことも出來有樣——それがにならぬのはれてあれど——可憐けなうるはしい花瓣が、にもかず、日光にもまだ照映えぬうちに
將監御拾ひ申上將監の子とせ玉ひしは御可憐き御事なり御殿にて御成長ばし候へば我々とても肩身ひろく御奉公むべきに殘念の事なりと四人ともども申上しを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
これにも答えず、もとより警官には返すべきもなく、学士は見る目も可憐さに死んだもののようになっている蝶吉を横ざまに膝に抱上げた。
湯島詣 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
乳母 さま! これさ、さま! ヂュリエットさま! ぐっすりと睡入ってぢゃな、? はて、仔羊さんえ! はて、さまえ! ま、こゝなお寢坊さんえ! はて、可憐さん! これの
ひっそりと、はかなく花を開いている小さな植物の可憐しさだった。愛情よりも愛憐を、男の心のうちに掻き立たせる、いたいたしさだった。
如何なる星の下に (新字新仮名) / 高見順(著)
すれば、かうなってしまうたは、あの若殿嫁入らッしゃるが分別ぢゃ。おゝ、ほんに可憐しいお彼方べてはロミオどのは雜巾ぢゃ。
ローザラインののやうな眼附、あの高々とした、あの眞紅、あの可憐しい、あの眞直、あのぶる/\とへる太股乃至近邊にある處々けてりまするぞ。
此邸奧樣うもつた、繼母つたので平常我慢大底ではなく、つて病死した可憐御座りますから、眞面目であり/\をひましたを
われから (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
きょうは珍しく、書物に親しんでおられる——きょうはまた可憐らしく、亡き御先代のために、お仏間にお坐りになった——。などと油断していると、雷の子のように
新書太閤記:01 第一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
と案内する……処に……丸木橋が、の柄の朽ちたに、ほろりと中絶えがして折込んだ上を、水が糸のように浅く走って、おのれ、化ける水の癖に、ちょろちょろと可憐やか。
沼夫人 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
それからはパツタリ来なくなつて了つたが、何か詫状のやうな手紙をよこしたさうな。若様だけに可憐らしい愛度気ない処があるよ。
犬物語 (新字旧仮名) / 内田魯庵(著)