“半衿”の読み方と例文
読み方割合
はんえり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
芝居を見にゆくと花簪とか役者の紋を染めた手拭とか半衿などを買って来て呉れるが、決しておとなしく渡すようなことはない
柳橋物語 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
薄い毛を銀杏返しに結って、半衿のかかった双子の上に軟かい羽織を引っかけて、体の骨張った、血のの薄い三十七、八の大女であった。
足迹 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
夏は派手な浴衣を着ている。冬は半衿の掛かった銘撰か何かを着ている。いつも新しい前掛をしているのである。
ヰタ・セクスアリス (新字新仮名) / 森鴎外(著)