柳橋物語やなぎばしものがたり
青みを帯びた皮の、まだ玉虫色に光っている、活きのいいみごとな秋鯵だった。皮をひき三枚におろして、塩で緊めて、そぎ身に作って、鉢に盛った上から針しょうがを散らして、酢をかけた。……見るまに肉がちりちりと縮んでゆくようだ、心ははずむように楽しい …
作品に特徴的な語句
あっ おおい たよ つね しわ あら 乾魚ほしざかな ぎり 皮剥かわむ くま しら こう いら あた 仰反あおむ 襁褓むつ こと かたくな のど すさ 瓦町かわらちょう おぶ かみ のち たな ひさし はぎ 惘然もうぜん 憧憬あこがれ さき 戯場ぎじょう きま 蓼酢たでず 薬代やくだい 蚊遣かや べい つか さら 街巷まちまち 土産みや かた むせ たず 立花たちばな もう かな 名代みょうだい おご あら 取付とっつき きびす みひら 退 まぶ 猪口ちょこ 片乳かたぢ いぶ しるし 柳原やなぎわら がまち 水盥みずたらい 前跼まえこご 髪毛かみ きん 火防ひよ とき 黄昏たそが のこ 初妻にいづま あたた 下職したしょく 甲斐がい 縹緻きりょう すが あぶ 緞子どんす 綿屑わたくず ほのお せん こも 粟立あわだ かゆ くわ あお