“経料”の読み方と例文
読み方割合
きょうりょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
店をはじめた明くる年の春の彼岸に、宗念寺へ墓まいりにいったとき、別に経料を納めてお祖父さんと幸太の戒名をつけて貰った。
柳橋物語 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)