“経師屋”のいろいろな読み方と例文
旧字:經師屋
読み方割合
きょうじや96.6%
きやうじや3.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
朝に簾を捲くに及ばず夜に戸を閉すの煩なし。冬来るも経師屋を呼ばず大掃除となるも亦畳屋に用なからん。偏奇館甚独居に便なり。
偏奇館漫録 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
田原町経師屋東作、四十年輩の気のきいた男ですが、これが描き菊石の東作といわれた、稀代の兇賊と知る者は滅多にありません。
観世新路経師屋があの川へ障子を洗ひに行つてゐると、突然よりきつきて、無暗にくすぐり立てるものあり。
雑筆 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)