経師屋きやうじや)” の例文
旧字:經師屋
観世新路経師屋があの川へ障子を洗ひに行つてゐると、突然よりきつきて、無暗にくすぐり立てるものあり。
雑筆 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)