“経師”のいろいろな読み方と例文
旧字:經師
読み方割合
きょうじ87.5%
きやうじ12.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
芳古堂は表具経師とで、格も高く、手堅いので知られていた。先代からのきまったとくい先と、当代知名な五、六人の書家や絵師。
さぶ (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
そのほか、鍛冶石工、左官、錺師経師などにいたるまで、天下の工人の代表的な親方はみな腕のいどころと一門をすぐって来ていた。
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
土に曳きする藤を挿してゆけ、かぐろの髪と紫と大路に浪をなさむ時、みやこをとめはさうぐるひ、千人にわけて与へよと、おん跡おはむそのなかに、われもまじりて西鶴の経師が妻のふりに似る
晶子詩篇全集拾遺 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)