“競”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きそ46.4%
22.4%
くら18.4%
くらべ2.0%
きお1.5%
きほ1.0%
かけ1.0%
せめ1.0%
1.0%
あらそ0.5%
0.5%
きそい0.5%
きそう0.5%
きそひ0.5%
きほひ0.5%
0.5%
せり0.5%
0.5%
0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
怪盜風太郎が江戸を荒し始めてからザツト三月、江中の岡つ引が、腕にを掛けてひましたが、何としても捉まへることが出來ません。
これからちょうど、その無尽り札が始まろうというところ、身共の手に、首尾よく札が落ちたら、その上で御相談しようではないか
死んだ千鳥 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
をしてをなでる唐琴屋よ、惣て世間一切の善男子、若し遊んで暮すが御執心ならば、直ちにお宗旨を変へて文学者となれ。
為文学者経 (新字旧仮名) / 内田魯庵三文字屋金平(著)
それがもし二人集まればをするからね。ああ実に風雅なものだよ。としきりに支那人をめている。余はポッケットからゼムを出してんだ。
満韓ところどころ (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
お篠はカッとなって、い立った雌猫のように逆毛を立てました。
この歌と並んで、「渡る日のかげにひて尋ねてな清きその道またもはむため」(巻二十・四四六九)という歌をも作っている。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
屋根をはがれたトタンと、屋根板が、がたん、ばり/\と、つたり、りみだれたり、ぐる/\と、ぐと、石瓦こそばないが、狼藉とした罐詰のあきが、カラカランと
十六夜 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
ああ、この事件はあらゆる犯罪の中で、道徳の最も頽廃した型式なのでございます。そして、そのずんだ臭い溜水の中で、あの五人の方々がいていたのでございますわ
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
「つばりの御決戦をお覚悟ならば、ここよりは、あれなる前山、の方が、いちだんとよい、御旗場所かとおもわれます」
新書太閤記:10 第十分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
琴や生花を仕込んで純粋な日本娘風にしつけるのもわるくはないな……空想の泉は、空から湧いて来る雪と無限をうて、それからそれへとはてしがない。
犠牲者 (新字新仮名) / 平林初之輔(著)
大盜ほひはびこりて
天地有情 (旧字旧仮名) / 土井晩翠(著)
先手は両藩の下役人数人で、次に兵卒数人が続く。次は細川藩の留守居馬場彦右衛門、同藩の隊長山川亀太郎、浅野藩の重役渡辺の三人である。陣笠小袴で馬にり、持鑓てさせている。
堺事件 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
歐米諸國寸尺土地自己領分となさんとひ、に、一個無人島でもあつて
それからは不平の事は日をうて加はつても、準備のつて行くのを顧みて、慰藉其中に求めてゐた。其間に半年立つた。さてけふになつて見れば、心に逡巡するもないが、又踊躍するもない。
大塩平八郎 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
芋蟲ちやんとはつてをしてましたが、芋蟲其口から煙管して、ッたるいやうなさうな
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
金屋仙之助の竺仙がある。竹川町の呉服商である。
細木香以 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
こおろぎの細々れて、れる芒叢に、三つ四つ五つ、子雀うさまも、いとどれのながら、ここ谷中草道ばかりは、枯野落葉さえなく、四季たずうた
おせん (新字新仮名) / 邦枝完二(著)
るほどに売るほどに暮れた
行乞記:02 三八九日記 (新字旧仮名) / 種田山頭火(著)