天地有情てんちうじょう
「或は人を天上に揚げ或は天を此土に下す」と詩の理想は即是也。詩は閑人の囈語に非ず、詩は彫虫篆刻の末技に非ず。既往數百年間國詩の經歴に關しては余將た何をか曰はん。思ふに所謂新躰詩の世に出でゝより僅に十餘年、今日其穉態笑ふべきは自然の數なり。然 …
作品に特徴的な語句
微笑 いふ こほ いろ とこし 黒烟くろけむ けい ひとつ 呼吸いぶき うき あだ がく せい 水面みなも しほ えふ あらゝぎ 一株いつしゆ かむり そら たへ 御遊ぎよゆふ 思想おもひ 枯葉こえふ 濁世ぢよくせ うつゝ くれなゐ 一葉いちえふ 啓示さとし いも たふと 平等へいとう 御駕みくるま 柳腰りうやう おり まなざし 穉子ちご 落葉らくえふ たましひ 一塲いちぢやう 一日ひとひ 一竿いつかん 個人ひと 光榮ほまれ けん 千萬せんまん めい さかひ よる 天地てんち 岑上をのへ ぎし 差別けじめ 徴候しるし 心耳しんに 有情うじやう 杜鵑とけん 枝垂しだり 海神かいじん げん はひ 現實うつゝ 田鶴たづ 盲目めしひ 社會このよ 紅血くれなゐ 薔薇さうび 蜂蝶ほうてふ ちまた 運命さだめ おと 高樓かうろう たま いま れい 兩羽もろは ちから 十年ととせ 千尋ちひろ 千年ちとせ いのち てん 天地あめつち 天雲あまぐも じつ 岑上おのへ 希望のぞみ 形象かたち 悲雷ひらい なさけ はる とき あけぼの つき 有象うしやう 松菊しようきく