“蘭”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
らん80.0%
あららぎ4.3%
ろう4.3%
オランダ4.3%
あらゝぎ2.9%
だら1.4%
ふじばかま1.4%
らに1.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
まもなくから持って来た花瓶にそれをさして、のすみの洗面台にのせた。同じ日にのNが西洋種のを持って来てくれた。
病室の花 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
寿平次が村のあるところは、大河の流れに近く、静母の森林地帯にり、木曾の山中でも最も美しい谷の一つである。
夜明け前:01 第一部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
いわゆる「たけた」ところに一と眼でこころをひかれたのでござりまして父の趣味をあたまにおいてお遊さんの写真を
蘆刈 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
「どうして、泥のついた掘りたてのホヤホヤだ。といって、ブラジルでもなし領ギアナでもない。こいつは、おなじ南米でも新礦地のもんだ」
人外魔境:05 水棲人 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
『いえ、これは山奧かられてです。木曽川です。』
ふるさと (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)
慣れない山路で時間を潰し、午後の日も相当けてしまった。
任侠二刀流 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
この時にと思ったのか、手に持っていたのきれいな花を御簾の下から中へ入れて
源氏物語:30 藤袴 (新字新仮名) / 紫式部(著)
蘭軒と同じく此復古を謀つたものには狩谷棭斎がある。「楚辞にいふらには今云ふ藤ばかま今いふは何といふらむ」
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)