“オランダ”のいろいろな漢字の書き方と例文
ひらがな:おらんだ
語句割合
和蘭66.2%
和蘭陀13.4%
阿蘭陀12.7%
荷蘭2.5%
紅毛1.9%
1.9%
阿蘭1.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
だが、咸臨丸という船だけは、本来和蘭から買入れた船なのだ。もう一歩進んで、その船をも日本人の手で造りたいものではないか。
不思議な処へ、思いがけない景色を見て、和蘭陀へ流された、と云うのがあるし、堪らない、まず行燈をつけ直せ、と怒鳴ったのが居る。
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
そこで大船を求めしめた処が、丁度平戸沖に阿蘭陀船が碇泊しているのを知った。直ちに廻送せしめ、城へ石火矢を放たせた。
島原の乱 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
印度は既に亡びて英国に属し、爪哇はその制を荷蘭に受け、暹羅はその命を英国に聞き、近時安南た疲れて仏蘭西に帰する等、漠々たる亜細亜大陸の広き、能く独立の躰面を全うし
祝東京専門学校之開校 (新字新仮名) / 小野梓(著)
紅毛油の大樽に、わざわざ火をされたこと、火の手の廻り方が存外に早かったので
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
(麦畑のうねがの野につらなり、白義国は果てしない。車窓に春雨も暖かく、風よぎれば緑も流れんばかりである。)
南半球五万哩 (新字新仮名) / 井上円了(著)
次いで同じ月の六日に、幕府は医師即ち官医中有志のものは「阿蘭医術兼学候とも不苦候」と令した。翌日また有馬左兵衛佐道純家来竹内玄同、徳川賢吉家来伊東貫斎が奥医師を命ぜられた。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)