島原の乱しまばらのらん
切支丹宗徒蜂起之事 肥後の国宇土の半島は、その南方天草の諸島と共に、内海八代湾を形造って居る。この宇土半島の西端と天草上島の北端との間に、大矢野島、千束島などの島が有って、不知火有明の海を隔てて、西島原半島に相対して居るのである。 天正十五 …
作品に特徴的な語句
みな ほう しらせ おばろ さら 温泉うんぜん ほしいまま ばら 当麻とうま かく など おどら だけ 上島かみじま 上白うえしろ すさ こら 出立いでたち はず 岩上いわかみ 有家ありや 老耄おいぼ 三会みえ 今年こんねん かたわら あまつさ 勝成かつしげ 周章あわて 大喝たいかつ 如何いかん きま ゆる かばね こいねが おしえ はえ 氏鉄うじてつ 江辺えべ かぶと えが 石谷いしたに うなず あた 蜷川にながわ まみ くだ ふう 上下うえした かね 事故ことゆえ 今日こんにち つかまつ 休意よしとも 会々たまたま そば かぶと およ 初陣ういじん 利生りしょう 剣戟けんげき きず 勧説かんぜい 千束せんぞく あわ 台命たいめい 叱咤しった おし はか もと ひと 城際しろぎわ たま 大斧おおおの 好次よしつぐ 寂然せきぜん 寄衆よせしゅう とら ひそ まさ 崩潰ほうかい 干魃かんばつ いたず 忠郷たださと たちま ことごと おそ 成純なりずみ 所以ゆえん