“岩上”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
いわがみ40.0%
いはがみ20.0%
いわかみ20.0%
がんじょう20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“岩上”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸3.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
真堀の岩上いわがみの方から粥河圖書は来るに相違ないと、山三郎は馬を乗り据え、むこうに眼をけて居ると、遥かにひづめの音がいたします。
白井しらい八崎はっさきの難所を越え、漸くのことで岩上いわがみという処へかゝりますと
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
岩上いはがみのつめたき竹のは揺れてまことに冬も末かと思ひぬ
海阪 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
岩上いわかみ角之助行って、鎧の袖を掴んで放さないので、輝綱は怒って斬ろうとした。
島原の乱 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
伊那丸いなまるをはじめ、忍剣にんけん龍太郎りゅうたろうも、また竹童ちくどうも、ひとしく松明たいまつえつきるのを忘れて、岩上がんじょうの文字をみつめ予言よげん意味いみをときなやんでしまった。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)