“がんじょう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
頑丈50.8%
巌丈16.8%
巌乗9.4%
巌畳7.3%
岩畳3.7%
岩乗3.7%
厳丈2.1%
岩丈1.6%
巖乗1.6%
岸上1.0%
岩上0.5%
顔上0.5%
願成0.5%
願状0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
良平はりいらいらしながら、トロッコのまわりをまわって見た。トロッコには頑丈な車台の板に、ねかえった泥がいていた。
トロッコ (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
五十がらみの巌丈な植幸、何となく一徹らしいのが、相手が相手だけに、不安な心持をおさえて、ソワソワと離屋の方へ案内して行きます。
その養子というのは、日にやけた色の赤黒い、巌乗づくりの小造な男だっけ。何だか目の光る、ちときょときょとする、性急な人さ。
縁結び (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
出はいりなく平らに、層一層と列をととのえ、雲までとどかせるつもりの方尖碑巌畳でもあるかのような観を呈した。
この建物は非常に古く、破風や、どっしりと瓦をのせた屋根や、大きな屋の棟や、岩畳な入口は、かかる荘厳な住宅建築の典型的のものである。
入口のに走り寄って、鉄かと思われるほど岩乗な、青塗の板の平面に、全力を挙げて衝突ってみた。暗い鍵穴を覗いてみた。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
さて雪国の山家とて、厳丈な本陣、百年って石にはなっても、滅多に朽ちるはない。
星女郎 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
笹村は比較的骨格の岩丈な妻の体について、これまで病気を予想するようなことはめったになかった。
(新字新仮名) / 徳田秋声(著)
紫繻子の猿股が、もう一度優しく繰返した。色の黒い、の厚い、四十恰好巖乗な男だ。
踊る一寸法師 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
ただ岸上より望観する者にしててその精密なるを知るべし。
旧藩情 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
伊那丸をはじめ、忍剣龍太郎も、また竹童も、ひとしく松明えつきるのを忘れて、岩上の文字をみつめ予言意味をときなやんでしまった。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
顔上なく、面裡人なしとでも申しましょうか、その面と人とが精神も肉身も合致合体、全く一つのものに化してしまって、さながらに厳然たる人格と心格を築き出します。
無表情の表情 (新字新仮名) / 上村松園(著)
で前の座では、捨身菩薩疾翔大力と呼びあげるわけあい又、その願成因縁をお話いたしたじゃが、次に爾迦夷に告げてくとある。爾迦夷というはこのとき我等と同様じゃ。
二十六夜 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
清氏はこの志一を頼んで、吒祇尼天足利義詮祈殺そうとの願状を奉ったのである。
魔法修行者 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)