旧藩情きゅうはんじょう
旧藩情緒言 一、人の世を渡るはなお舟に乗て海を渡るがごとし。舟中の人もとより舟と共に運動を與にすといえども、動もすれば自から運動の遅速方向に心付かざること多し。ただ岸上より望観する者にして始てその精密なる趣を知るべし。中津の旧藩士も藩と共に …
作品に特徴的な語句
くだっ とむ いずる おしう たう しむ じょく つらね やぶっ つくっ よしみ おなじゅ すすみ たずさえ うれう あり ひらい はかっ さい たずぬ いく いる あやまっ うれえ しゅ ぐら まじわ むかっ みず めい もうく かぞ なむ かんがう えい ひらき より たずさう いず もとむ しょく にぎわい ゆき なづく げん いそがわ すすむ たすく だっ あたり 大臣たいしん しも あきらか ただち とも もうけ 情態じょうたい たつ あじ がっ つみ 住居じゅうきょ いず 退しりぞ かく ろう もちう いだ 所得しょとく 大空たいくう たと さまたぐ むくい かっ あざけり となう 利潤りじゅん むな とも 冊子そうし まっと のっ かかわ よく よろこび したがっ はず うれい あぐ いり まぬ めず たい しこう