“勧”のいろいろな読み方と例文
旧字:
読み方割合
すす72.4%
すゝ10.6%
すすめ9.8%
すゝめ2.4%
つと1.6%
すすむ0.8%
すヽ0.8%
スス0.8%
スヽ0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と申しても、まさか借物の編笠をおめするわけに行かないから、佐々見氏が用意のため持参した御編笠をお着せしようとする、と
長吉をば檜物町でも植木店でも何処でもいゝから一流の家元弟子入をさせたらばとおめたがおは断じて承諾しなかつた。
すみだ川 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
となく心配そうなで、左様々々左様、と、打湿ってってるかとうと、やれヴォッカをせの、麦酒めろのとめる。
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
三人のてゐたが、代助はついへて置くのを忘れた。面倒だと思つて、けて、茶屋の前から電車に乗つた。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
他にも以前めたものは幾許もあるが、お前のように末々まで力になってくれる人は少ない、私は死んでもいはないけれども、まだ十九廿歳の千代をに残して死ぬのはのう……
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
すなわちそのとはなし、今の学校を次第にすることと、上下士族相互婚姻するの風をることと、この二箇条のみ。
旧藩情 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
在所の者は誰も相手にせぬし、便も無いので、少しでも口をす為にめに従つて、長男と二男を大原真言寺小僧つた。
蓬生 (新字旧仮名) / 与謝野寛(著)
織田中将信忠、情ヲベテ、敢テム。
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
明治五年二月より明治十年十月まで学問ノメ発売高合して五十九万八百四十六部、彼れが明治の開化史に於て偉大なる影響を及ぼしたるや知るべきのみ。彼れは実に無冠の王なりき。
明治文学史 (新字旧仮名) / 山路愛山(著)