蓬生よもぎう
貢さんは門徒寺の四男だ。 門徒寺と云つても檀家が一軒あるで無い、西本願寺派の別院並で、京都の岡崎にあるから普通には岡崎御坊で通つて居る。格式は一等本座と云ふので法類仲間で幅の利く方だが、交際や何かに入費の掛る割に寺の収入と云ふのは錏一文無か …
作品に特徴的な語句
あたヽ つヽみ そつ 家中うちヾう たヾ そつ 群集ぐんじふ たヽ どほり くヽ たヽみ 運命まはりあはせ しや 亀裂ひヾ 此処こヽ 此地こヽ こん 鹿しヽ とこ 三歳みつヽ 負傷ておひ きづ 蚯蚓みヽず あし おろ 大寺たいじ 歎息といき づつみ すヽ せゐ うへ 中央ちうあう たい 快活はれやか 衣類きるゐ 一枝かずゑ うつ 此様このやう たヽ さう 矢張やつぱり おそろ 鹿しゝ 白衣はくえ 発足はつそく 発見めつ にが 蝋燭ろふそく まヽ 充満いつぱい まへ くちなは やう はヾ 財嚢かみいれ とほ をんな 大蛇だいじや 道場だうじやう 遠方ゑんぱう みつぐ きま 所作しわざ 所為せゐ きた すヽ せう 御顔おかほ 収入しうにふ 犠牲いけにへ 瀟洒さつぱり あひだ にほひ はう 円座ゑんざ 上手じやうず 傷痕きづあと 桃割もヽわれ 顔色かほいろ 聴衆きヽて 住持じうぢ あきら 体裁きまり まは 在所ざいしよ わづら 熊笹くまさヽ 法力はふりき 気質きしつ 耳鳴みヽなり 唖者をし あた 硬張こはゞ