“歎息”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
たんそく73.3%
ためいき21.7%
なげかひ1.7%
なげき0.8%
かこ0.8%
かこち0.8%
といき0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
公用私用を一つにするばかもないものだ。自分からこのんで、奴隷になろうとしている。」と、歎息していたこともありました。
兄の声 (新字新仮名) / 小川未明(著)
おほはれ、左右の輪及びもまたたゞちに——その早きこと一の歎息の口を開く間にまされり——これにおほはる 一三九—一四一
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
寄せてはかへす波のの、物狂ほしき歎息に。
海潮音 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)
つねにとこしへの球の調にあはせてしらぶる天使等いまだうたはざりしさきには、我に涙も歎息もあらざりしかど 九一—九三
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
「旦那、此界隈もヒドくれましたよ」と老人は歎息ちつ
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
ね夫婦の語らひ迄約せし上は貴殿とても一方ならぬ御中なりとに長庵が曲輪の樣子さにし又此程は絶て遠ざかられし故小夜衣は明暮思ひひて歎息みし事などを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)