“噺”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
はなし42.3%
ばなし41.3%
はな12.5%
はや1.9%
はやし1.0%
ばな1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
が、授業の模様、旧生徒の、留学、竜動、「たいむす」、はッばァと、すぺんさあー——相変らぬで、おもしろくも何ともない。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
また掛け合いになる。——黙って聴け。痣の熊吉は雨戸を外したり、を切り取ったり、かなり器用なことをして忍び込むようだ。
銭形平次捕物控:124 唖娘 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
「そんぢや旦那にでもようくしてもらつたらくかもんねえぞ、それよりあねえぞおめえ」さんの一人卯平つていつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
滅法可愛らしい娘ですが、去年の暮からし方の六助の世話で一座に、『一と目千兩』のお夢といふ太夫が入つたんです
此の時小早川隆景進言して言うのに、父の毛利元就が往年尼子義久と対陣した際、小歌、踊り、能、をやって長陣を張り、敵を退屈させて勝つことが出来たと言った。
小田原陣 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
「まるでし見たようだ」
二百十日 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)