二百十日にひゃくとおか
ぶらりと両手を垂げたまま、圭さんがどこからか帰って来る。 「どこへ行ったね」 「ちょっと、町を歩行いて来た」 「何か観るものがあるかい」 「寺が一軒あった」 「それから」 「銀杏の樹が一本、門前にあっ …
作品に特徴的な語句
愚弄ぐろう 薩摩さつま びん 鍛冶屋かじや 稲妻いなずま トン 脱兎だっと 雇人やといにん 下卑げび 午過ひるす 庫裏くり 膏薬こうやく 惜気おしげ 美事みごと 布団ふとん 白木しらき 洗濯せんたく 禰宜ねぎ 慷慨こうがい 御蔭おかげ 草双紙くさぞうし 真逆様まっさかさま まんじ 仁王におう 催促さいそく 齷齪あくそく 椎茸しいたけ 麦藁帽むぎわらぼう 小手こて 幾重いくえ 森閑しんかん 見計みはから 途切とぎ 日脚ひあし 見縊みくび 剣呑けんのん 束髪そくはつ 駄々だだ 椽側えんがわ 煮染にじ 蔓延まんえん 馬鹿気ばかげ 行水ぎょうずい 田舎者いなかもの 胴間声どうまごえ 絶間たえま 横着おうちゃく 素肌すはだ 行儀ぎょうぎ 踏張ふんば 門前もんぜん 初秋はつあき 気狂きちがい 好加減いいかげん 間抜まぬけ 利目ききめ 柏手かしわで 可哀想かわいそう 御免蒙ごめんこうむ 気象きしょう 性根しょうね 見傚みな 話頭わとう 豆腐とうふ つく 油揚あぶらげ 無人むにん 突張つっぱ 口振くちぶり 杉箸すぎばし 蠕動ぜんどう 寝転ねころ 二三日にさんち 目当めあて 秋雨しゅうう 吸殻すいがら 両端りょうはじ 御山おやま 昼飯ひるめし 毬栗いがぐり 言語道断ごんごどうだん 見極みきわ 天祐てんゆう 毬栗頭いがぐりあたま 石甃いしだたみ 蹴爪けつま 御出おいで 彎曲わんきょく 雑木林ぞうきばやし 泰然たいぜん 筑波山つくばさん 膨脹ぼうちょう 大竹藪おおたけやぶ 恵比寿えびす 慷慨家こうがいか 爪先上つまさきあ 根性こんじょう 横手よこで 唐縮緬とうちりめん 大入道おおにゅうどう
題名が同じ作品
二百十日 (新字新仮名)小川未明 (著)