二百十日にひゃくとおか
ぶらりと両手を垂げたまま、圭さんがどこからか帰って来る。 「どこへ行ったね」 「ちょっと、町を歩行いて来た」 「何か観るものがあるかい」 「寺が一軒あった」 「それから」 「銀杏の樹が一本、門前にあった」 「それから」 「銀杏の樹から本堂ま …
作品に特徴的な語句
どま きょく なんに 御緩ごゆ 判然はき たっ うし ばな こす はじ れん へん ゆみづる とう 美味びみ 空中そらじゅう 同胞どうぼう ほっ 何日いくか たと 彼方あっち 自然じねん さま むな ぼっ ちがい 一日いちんち なな 人指ひとさ はい くびす かけ あや たく のば 一人ひと うしろ 御前おまえ とお 秋雨しゅうう 両端りょうはじ つら はず あが きょう むこう らく さえ てき 齷齪あくそく ごう ねん 幾日いくか 御供おとも 御山おやま ふる 振舞ふるま のぼ えが こす ほう もん ひるが たん 腹這はらばい 華族かぞく おと すすき かど 蹴爪けつま あつ ごと 見計みはから うち 逆上のぼせ かん
題名が同じ作品
二百十日 (新字新仮名)小川未明 (著)