“幾日”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いくにち49.7%
いくか31.7%
いくんち4.8%
いつか4.1%
いくひ4.1%
いくじつ2.1%
いっか2.1%
いくちに0.7%
いくにちのひ0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
湯治幾日往復旅錢と、切詰めた懷中だし、あひりませうならば、のうちに修善寺まで引返して、一旅籠かすりたい。
雨ふり (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
何時幾日にどこでこういう事に出会ったとか、何という書物の中にどういう事があったとか、そういう直接体験の正直な証言の中に
柿の種 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
「ええい、泣くなら泣け、おたんちん」——フィリップはどなった——「幾日待ってたと思やがるんだい。もう我慢はできねえ」
隣村も山道半里、谷戸一里、いつの幾日に誰が死んで、その葬式に参ったというでもござらぬ、が杜鵑の一声で、あの山、その谷、それそれに聞えまする。
星女郎 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
らぐべきもなくて、をうみ梅實もそゞろしき幾日、をぐらきのあけくれに、をちりなく山時鳥の、からゐにはふりでねど
五月雨 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
魂祭り過ぎて幾日、まだ盆提燈のかげ薄淋しき頃、新開の町を出し棺二つあり、一つはにて一つはさしぎにて、駕は菊の井の隠居処よりしのびやかに出ぬ、大路に見る人のひそめくを聞けば
にごりえ (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
貴方はいつっても都合が悪いから待てと仰しゃいますがね、何時上れば御返金になるという事をかり伺いませんでは困ります、ヘエかに何時幾日と仰しゃいませんでは
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
たった、一でしたけれど、あついであったもので、えて、さすがに威張っていたこいもんでしまいました。そのときからすでに幾日もたちました。
水盤の王さま (新字新仮名) / 小川未明(著)
年來致し居候由の頃よりの事なるや又其都度々々の事合宿何處や長庵へ御尋問の程願ひますと申立ければ越前守殿微笑ながら如何にも道理なるなり如何に長庵何頃より幾日何方にて出合しや有體に申立よとにぞ長庵ばにて候一兩年以前より度々密通に及び候間日月の儀は失念致し候場所は
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)