にごりえ
おい木村さん信さん寄つてお出よ、お寄りといつたら寄つても宜いではないか、又素通りで二葉やへ行く気だらう、押かけて行つて引ずつて来るからさう思ひな、ほんとにお湯なら帰りにきつとよつておくれよ、嘘つ吐きだから何を言ふか知れやしないと店先に立つて …
作品に特徴的な語句
ぺツつい おはり どち 悪戯ふざけ 穿ほぢ めし 真実しん うみ から 仰向あほのき なく 祖父ぢぢい 精霊しようれう 背負せおう 一寸ちよツと いゑ つツ 交際つきあつ おい わた 真実ほん 機会はづみ 衣類べべ まをす わろ かか そろ 普通ついツとほり すぐ くれな 仕合しやわせ 風采やうす とと 早々さつさつ ねへ 一層もつと 祖父おぢい まをし 何処どちら まじなひ はらはた 分明あきらか 女房にようぼ さだめ 容貌きりよう 尋常なみ 幾日いくじつ はじ ひつ ごん おつ てー ゑり 情婦こひ ほう あは つか ゆき いづ いつそ じほ 思召おぼしめす 悪業わるさ つら 口惜くちを そめ 莞爾につこ いん 良人おつと すみ 此方こち 知人しつたひと ぐさ たつ いだ とつ あほ 情夫まぶ 夫婦めをと 狼狽あわて こぼ 道理ことわり 無礼しつれい よこ 当時いま 余光ひかり 家中うちぢう
題名が同じ作品
にごりえ (旧字旧仮名)樋口一葉 (著)
にごりえ (旧字旧仮名)樋口一葉 (著)