にごりえ
おい木村さん信さん寄つてお出よ、お寄りといつたら寄つても宜いではないか、又素通りで二葉やへ行く氣だらう、押かけて行つて引ずつて來るからさう思ひな、ほんとにお湯なら歸りに吃度よつてお呉れよ、嘘つ吐きだから何を言ふか知れやしないと店先に立つて馴 …
作品に特徴的な語句
せう くた ひい をさ 祖父ぢゞい おはり めし どち 可愛かわひ 穿ほぢ おは ゑき みち 家中うちゞう うみ ぢよう いたゝ なく 仰向あほのき から くさつ 背負せおう 一寸ちよツと つツ いゑ 交際つきあつ おい わた とゝ かゝ 普通ついツとほり 上手じやうづ はう まをす そろ がは あげ なほ ゑん 兄弟きようだい 眞實ほん ぱう 仕舞しまつ 風采やうす 仕合しやわせ うま すぐ くれな 一層もつと 衣類べゞ じよう 名代めうだい づく 分明あきらか とも 女房にようぼう 眞實しん 常住ぢやうぢう まをし まじなひ ねへ 祖父おぢい 大平おほびら 附合つきあつ いづ ひつ つくり ほう 女房にようぼ てー ゑり しゆう おつ 機會はづみ 前方まへがた はらはた 稼業かげう 幾日いくじつ めん ゆき ごん 尋常なみ 容貌きりよう つか あは 精靈しようれう ちい さだめ 矢張やつぱ わろ ばい
題名が同じ作品
にごりえ (新字旧仮名)樋口一葉 (著)
にごりえ (旧字旧仮名)樋口一葉 (著)