にごりえ
おい木村さん信さん寄つてお出よ、お寄りといつたら寄つても宜いではないか、又素通りで二葉やへ行く氣だらう、押かけて行つて引ずつて來るからさう思ひな、ほんとにお湯なら歸りに吃度よつてお呉れよ、嘘つ吐きだか …
作品に特徴的な語句
御機嫌ごきげん 土瓶どびん どんぶり もゝ 人魂ひとだま 溝板どぶいた 未練みれん 結城ゆうき 其處そこ 加減かげん 其時そのとき すぎ 看板かんばん 美事みごと 蚊遣かや のこ 洗濯せんたく 無沙汰ぶさた 八百屋やほや 手足てあし 子細しさい 半纒はんてん 脊中せなか 駒下駄こまげた 思案しあん 面倒めんどう 貴君あなた 花簪はなかんざし 向島むかふじま 年頃としごろ 座敷ざしき かつ 讒訴ざんそ 窮屈きうくつ かご 催促さいそく 仲人なかうど 名人めいじん 甲羅かうら 親切しんせつ たつ 呑込のみこ 其日そのひ 身體からだ 奉公ほうこう 横町よこちよう かり 島田しまだ 人目ひとめ ほたる 湯屋ゆや 道端みちばた 間口まぐち 心得こゝろゑ 湯呑ゆのみ 生際はへぎは 菓子くわし とく 烟草たばこ 見込みこま だま 人達ひとたち 現在げんざい 勉強べんきやう 手紙てがみ 行末ゆくすゑ 唐天竺からてんぢく 屈強くつきやう こわ 田舍いなか 舌打したうち 足音あしおと 軒先のきさき 駄々だゝ 御膳ごぜん 行水ぎやうずゐ 我身わがみ 人中ひとなか 駒形こまかた くに 持出もちいだ 此處こゝ すみ 道具だうぐ 坊主ぼうず 出世しゆつせ 店先みせさき 樣子やうす 皆無かいむ 逆鱗げきりん 彼岸ひがん あらた 此頃このごろ 小半時こはんとき やう れい 立木たちき 不貞腐ふてくさ 眞面目まじめ
題名が同じ作品
にごりえ (新字旧仮名)樋口一葉 (著)
にごりえ (旧字旧仮名)樋口一葉 (著)