“朝”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あさ50.2%
あした29.9%
ちょう11.0%
てう4.0%
アシタ0.8%
テウ0.6%
とも0.4%
あけ0.4%
あさっ0.4%
0.4%
むか0.2%
あさげ0.2%
あさつ0.2%
あさア0.2%
あーちゃ0.2%
いち0.2%
てふ0.2%
0.2%
ムカ0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あるのこと、がやっとあかくなりはじめたころ、いつものごとくそうと、海岸をさして、かけたのであります。
羽衣物語 (新字新仮名) / 小川未明(著)
偃松があり、残雪があり、お花畑があり、清い水の流れは石原に湛えて幾つかの小池となり、には雲を浮べには星を宿している。
南北アルプス通説 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
魯侯は女楽にってもはやに出なくなった。季桓子以下の大官連もこれにい出す。子路は真先に憤慨して衝突し、官を辞した。
弟子 (新字新仮名) / 中島敦(著)
はポオト・サイドに着き、出帆までにに余された二時間を利用して港につた。コロムボ以来十三日目に土を踏むのである。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
など、「雪のまだらごま、楽しも」などと訓んでゐて、何の事だか、噴飯に堪へぬといふ様な訓み方だ。訣らなくても、気分で、そんな風に訓んで了ふのである。
古代中世言語論 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
ヨリ源平両家、ヘテ、平氏世ヲ乱ストキハ、源氏コレヲメ、源氏世ヲス日ハ、平家コレヲ
私本太平記:10 風花帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
十六日はらずまするされとひしをもれて、までしもせざりし結城不圖出合て、あれときしつきの似合狼狽かたがをかしきとて
にごりえ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
六つ暮六つただ一度、今宵この丑満一つも、人間が怠れば、その時こそは瞬くも待ちませぬ。お前様を、この姥がおぶい申して、お靴に雲もつけますまい。
夜叉ヶ池 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
から晩まで人形いじくりをし通されてるもんか、にも障るんです、五人六人と雑魚寝をする二階にあんなもの出放しにしておかれちゃあ邪魔にもなるね。
湯島詣 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
なお、その三月三日には安倍沙美麿が、「朝ななあがる雲雀になりてしか都に行きてはや帰り来む」(同・四四三三)という歌を作っているが、やはり家持の影響とおもわれるふしがある。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
向日葵毎幹頂上一花あり、黄弁大心の形く、太陽にいて回転す、し日が東にればち花は東にう、日が天にすればち花ちに上に
植物知識 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
「水茎の岡の館にと我と寝てのの霜の降りはも」という古今集の歌と、どこか共通の情趣があり、没落した情緒への侘しい追懐を感じさせる。
郷愁の詩人 与謝蕪村 (新字新仮名) / 萩原朔太郎(著)
女組は一先別室に休息した。富江一人は彼室へ行き此室へ行き、宛然我家の様に振舞つた。お柳はから口喧しく台所を指揮してゐた。
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
うれしいから、子供のように、心の中で、とくおきよ、おきいでよ、という古風な歌の節をうたう程です。
からまでたーだ立ち通ち
野ざらし (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
この恥知らぬ唖の女等はたゞ天に指すばかり、又数多の狂人はに立つて、世の破滅を説く由。修道の隠者、流浪の学生たちは、いろいろの噂をしあふ。
法王の祈祷 (新字旧仮名) / マルセル・シュウォッブ(著)
居士には居士定見あり、そを評論せんは一にはあらじ。
「罪と罰」の殺人罪 (旧字旧仮名) / 北村透谷(著)
次の下婢あはて告げぬ
枯草 (新字旧仮名) / 野口雨情(著)
シ日ガ東ニ昇レバ、則チ花ハ東ニヒ、日ガ天ニ中スレバ、則チ花ハ直チニ上ニヒ、日ガ西ニ沈メバ、則チ花ハ西ニ朝フ(漢文)
植物一日一題 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)