“倣”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
なら89.4%
なろ7.5%
1.3%
ナラ1.3%
なぞ0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そして山水訣の著者のごときも、蕭照は李唐から出て李唐にもまさり、董源皺法って董源よりも遒勁であるとさえ評している。
人間山水図巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
かくて高野山に到着、青巌寺を仮の住まいと定め、剃髪染衣の身となって道意禅門と号したが、お供の人々も皆これにうてを切った。
聞書抄:第二盲目物語 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
僕のこの所以は、渋沢子爵の一言より、滔滔でもしやべり得る僕の才力を示さんが為なり。されどかならずしもその為のみにはあらず。同胞よ。
ク八石ヲセテ、一人ニテスヲ得ベシ。前ハ牛頭ノ如シ。マタ、大車アリ、四人ヲ用イテ、十石ヲ推載ス。シ木牛流馬ニエルモノカ。
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)