“なぞ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ナゾ
語句割合
91.2%
4.0%
謎語1.6%
1.2%
0.8%
0.4%
捺塗0.4%
神秘0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
漠然とした恐怖感、めいた危険の暗示、しかも断ちがたい異様な執着。そういったものが、脈絡もなく繰り返してあるだけだった。
山彦乙女 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
小「身不肖にして本懐を遂げずとも、豫讓の故事にらえ、この頭巾を突き破るは実父の大野の首を掻き取る心思い知れや、大野惣兵衞」
この原稿を読み終りました私が、その内容の不思議さに眩惑されました結果、もしやこの標題の中に、この不思議な謎語を解決する鍵が隠されているのではないか。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
あの山のえに座して
義男さん (新字新仮名) / 今野大力(著)
これにへて、わが心のにあるもの。
牧羊神 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)
雪は、清少納言にらえたものと思って下さってもよいでしょう。
通して捺塗って見て下さい。その幻の消えないうちに。色が白いか何ぞのように、胡粉とはいいませんから、墨ででも、ででも。
白花の朝顔 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
盲目的にあなたの意志を行った人々の恥辱でございます、デヤドラの死よりもなお恐るべきは、美の大なる奇観神秘が滅びたことでございます、神々は呼んでおられます……コノールよ
ウスナの家 (新字新仮名) / フィオナ・マクラウド(著)