牧羊神ぼくようしん
阜の上の森陰に直立ちて 牧羊の神パアン笙を吹く。 晝さがりの日暖かに、風も吹きやみぬ。 天青し、雲白し、野山影短き 音無の世に、たゞ笙の聲、 ちよう、りよう、ふりよう、 ひうやりやに、ひやるろ、 あら …
作品に特徴的な語句
無駄むだ 通夜つや 修羅しゆら 素足すあし にれ 石垣いしがき たこ 坩堝るつぼ 肌理きめ そゝ あま 土耳古トルコ 眼差まなざし ゑくぼ 芝生しばふ あかね くりや 謀叛むほん 山羊やぎ 血汐ちしほ 見窄みすぼ 護謨ごむ つぐみ 市街しがい 生娘きむすめ まつげ かめ 御手みて むし 窮屈きゆうくつ 熾烈しれつ 身震みぶるひ 一歩いつぽ 破風はふ 内證ないしよ 煙突えんとつ 伴天連ばてれん 所望しよまう 椋鳥むくどり 見世物みせもの 草木くさき 蝶番てふつがひ 甲斐甲斐かひがひ 杜若かきつばた 氣障きざ らう くびき 幾年いくとせ あがな しやく 天草あまくさ 山姥やまうば 紫苑しをん 苦痛くつう かゞり 夕日ゆふひ 常世とこよ 瞑想めいさう 篠懸すゞかけ つと 駈引かけひき 中空なかぞら 儼然げんぜん 入日いりひ 婆羅門ばらもん 御名みな 成人おとな あぶら 白雲しらくも 糺問きうもん 緑色りよくしよく くじ 足音あしおと 輪廻りんゑ つぶ 一群ひとむれ とち いただき 白樺しらかんば 人柄ひとがら 岩角いはかど みなと 河原かはら 白百合しろゆり 靴下くつした 薄紅うすあか 光芒くわうばう そばだ ひひらぎ 鳩尾みづおち 七日なのか くに 曉方あけがた 胡椒こせう ばく 眞白ましろ しやう 毎年まいとし