牧羊神ぼくようしん
阜の上の森陰に直立ちて 牧羊の神パアン笙を吹く。 晝さがりの日暖かに、風も吹きやみぬ。 天青し、雲白し、野山影短き 音無の世に、たゞ笙の聲、 ちよう、りよう、ふりよう、 ひうやりやに、ひやるろ、 あら、よい、ふりよう、るり、 ひよう、ふりよ …
作品に特徴的な語句
かゝ すま こじ すか くづれ はえ あが あふり いのち しば まじはり しやう むかひ あだか さいな 一寸ちつと かかへ いつ あふ はて さゝ 妖女シレエヌ なし なれ いき をはり しら せい あだ 外套まはし あだ にい いつ しう きつ をさ かう 寂寥さびしら さづけ うべ しよく さゝやき うれへ くくり ひえ のび かう おろ もど たひ おのづ うろ しゝむら 微笑ほゝゑみ 細流いさゝがは 盲人めしひ あぢはひ かたみ めぐり にほひ かは 耀かゞよ 可愛かはゆ やはらか ぎよ のり 前立まへだて よろひ かをり 退すさ かち あやふ のりもの そゝ そま うへ はず えみし 女王によわう あゆみ あたか をつ じゆく いちじ れん つれ 豪奢はで 接吻せつぷん きは いう 身上しんじやう