“自”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
みずか20.3%
おのずか18.8%
おのず12.2%
みづか11.9%
おの8.0%
おのづか6.3%
おのづ5.8%
みず5.7%
みづ1.9%
みづから1.8%
オノヅカ1.2%
みずから1.2%
0.7%
0.6%
うぬ0.5%
ひとり0.5%
ミヅカ0.4%
オノズカ0.2%
おのれ0.2%
ひと0.2%
0.2%
オノ0.2%
より0.1%
おのずから0.1%
おのづから0.1%
おわ0.1%
ひとりで0.1%
われ0.1%
オノズ0.1%
オノヅ0.1%
ヒト0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
安「オヽ左様か、じゃアら稼いで苦しみ、金を貯めてなにかい身形を拵えて江戸へこうと云う訳か、どうも能く離縁が出たのう」
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
元義に万葉の講義を請ひしに元義は人丸太子追悼の長歌を幾度も朗詠して、歌は幾度も読めばら分るものなり、といひきといふ。
墨汁一滴 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
また上士のは昔日の門閥を本位に定めて今日の同権を事変と視做し、からまた下士にて貸すところあるごとく思うものなれば
旧藩情 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
然れども吾人、偏狭ら甘んぜんや、凡そ道義を唱へ、正心を尊ぶもの、釈にも儒にもあれ、吾人んぞ喜んで袂を連ねざらんや。
「平和」発行之辞 (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
悶絶した尾張宗春が、ずと蘇生したのである。茫然と四辺を見廻した時、冷っこい物が手に触れた。気が付いて見ると一匹の小蛇!
任侠二刀流 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
六月十二日、予は独り新富座にけり。去年今月今日、予が手にれたる犠牲を思へば、予は観劇中もら会心の微笑を禁ぜざりき。
開化の殺人 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
また夜更けに話すのと、白晝に話すのとは、から人の氣分も違ふ譯ですから、勢ひ周圍にある天然をにする譯に行かないでせう。
小説に用ふる天然 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
小なる者は長添山と為す、松倉伊賀の廃址なり。山川の間人戸一千、士農あり、工商ありと。これ彼がから語れる故郷の光景なり。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
おゝ、自然して、から、罵倒するやうな木像では、前方約束げんのも無理はない……駄物駄物駄物
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
にても容されたのは、にも容されんのにはつてをる。又自ら容さるるのは、終には人に容さるるそれが始ぢやらうとふもの。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
日は仲春、空は雨あがりの、やかな朝である。高原の寺は、人の住む所から、ら遠く建つて居た。唯凡、百人の僧俗が、寺中に起き伏して居る。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
その時あたかも牡丹の花生けの傍に置いてあつた石膏の肖像を取つてその裏に「。土一塊牡丹生けたるその下に。年月日」
病牀六尺 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
さるはがきにて處用と申こしたる文面りにて名書きも六なりしかど、手跡大分あがりてよげにりしと父親まんより
ゆく雲 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
がこころ寂び古びなばこのごときをさなき文はまた書かざらむ
慰めにも為りてやりたしと、人知らば可笑かるべきぼれも手伝ひて、おぬひの事といへば我が事のように喜びもしりもして過ぎ来つるを
ゆく雲 (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
としたを——みだれ髪の毛を——大地に伏せてはいるけれど、心のうちには、何か寛々としたものがあった。でに可笑しくさえなる余裕があった。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
萬法藏院の香殿・講堂・塔婆・樓閣・山門・僧房・庫裡、悉く金に、朱に、青に、晝よりく見え、ら光りを發して居た。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)
子弟ノ衣食、余饒アリ。臣ニ至リテハ、外ニ任アリ。別ノ調度ナク、身ニウノ衣食、ク官ニ仰ゲリ。別ニ生ヲ治メテ以テ尺寸ヲ長ズルナシ。
三国志:12 篇外余録 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
その二枚なり三枚なりを斜に張ったり逆に張ったり、いろいろさまざまの張り方によって自由自在にの意志を先方へ伝えることが出来るのだそうです。
雑草一束 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
平素威望と、蒼白な其時の父の顔の厳粛さがりでに群集の同情に訴へたのである。二人は歩き進んだ。そして、私ははつきり父の顔を見る事が出来た。
父の死 (新字旧仮名) / 久米正雄(著)
 虞初りす〕といふに始り院本の名はに始まる事陶九成が『輟耕録』に「唐有伝奇。宋有戯曲渾詞説。金有院本雑劇其実一也。」〔伝奇り。
小説作法 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
其波の青色の末が、づとし上る様になつて、頭の上まで拡がつて来てゐる空だ。其が又、ふりると、地平をくぎる山の外線の、立ち塞つてゐる処まで続いてゐる。
若水の話 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
四の橋一の橋 明治四十一年十二月二十九日開通
支倉事件 (新字新仮名) / 甲賀三郎(著)
去歳の春すがしたるか怪しき汚染は滝の糸を乱して画襖李白げど、たてよければ身の毛程の寒さを透間ちもせず、も安楽にして居るにさえ、うら寂しくを知るに
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
立夫の教にて、町屋村入口にて初て柳を見る。相州中人家柳を栽るを忌む。土地に少しと云ふ。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
ここにおいて文殊師利維摩詰に問う。我ら各自説きれり。仁者、まさに説くべし。何等をかこれ菩薩、不二法門という。時に、維摩、黙然なし。文殊師利嘆じて曰く善哉善哉。
仏教人生読本 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
それはに妾の口をり出でた言葉だったけれど、このとき云った、(どんなことをしてでも探しだしていただきたいわ)
三人の双生児 (新字新仮名) / 海野十三(著)
婦人はとにもかくにも遣過せしが、又何とか思直しけん、に追行きて呼止めたり。捻向けたる酔客はれると見据ゑて、かとしさにさず。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
モトカラ地獄ナシ
地獄 (新字旧仮名) / 神西清(著)
どうしても副産物が伴はるゝものとすれば、主産物との融合に努めて見ることも必要であり、又、その融合の程度によつて価値の増減もから生ずる訳である。
和歌批判の範疇 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
統道眞傳卷首に聖人自然の眞道をる論と題し、劈頭先づ彼の自然觀を述べた句がある。——夫れ自然は始も無く終りも無し。き他を俟つに非ず、自ら推して至るに非ず。
安藤昌益 (旧字旧仮名) / 狩野亨吉(著)