白髪鬼はくはつき
(作者申す)この物語はマリイ・コレルリ女史の傑作『ヴェンデッタ』を、私流に改作したものです。『ヴェンデッタ』には已に黒岩涙香の名訳『白髪鬼』があるので、私は同書版権所有者の承諾を得て、態と同じ題名を用いることにしました。併し、内容は、原作と …
作品に特徴的な語句
ひと せつ きっ うつ うめ じし かん まっ きり わずら もっ おぼえ なまめ ごく はず たく えん しょ だけ うる 如何いかが こまか おち そうら おろか つりがね 出立いでたち しゅ かえっ 双手そうしゅ あらた 痕跡あと 嬰児えいじ 嫣然にっこり きょ いえ 穿うが 扶持ぶち うけたまわ 突端とっぱな まず わざ むつま 腫物できもの おさ みさお はかりごと だて 岐路えだみち かつ たくみ とよ すで たいら 白髪はくはつ 思召おぼしめし 満更まんざ はじ かみ こつ きれ ひとり 永生ながいき うらやま 死物しにもの ふくべ 彼奴きゃつ べに 仮令たとえ たま 住田すみだ よう 陥穽おとしあな うなず ろう たが つと たび すべ あわただ わずか きま めぐ 庭園にわ あいだ
題名が同じ作品
白髪鬼 (新字新仮名)岡本綺堂 (著)