“鹽”のいろいろな読み方と例文
新字:
読み方割合
しほ64.7%
しお17.6%
しょ11.8%
じほ5.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
おとつゝあそんななんざ一錢だつてつてねえから、だつて容易なもんぢやねえや、そんな餘計なものになるもんぢやねえ
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
真空、ガラス箱、氷、製氷会社、づけ、防腐剤、クレオソート、石炭酸、…………死体防腐に関するあらゆる物品が、意識の表面に浮上っては沈んで行った。
(新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
っぱい涙が混り合い、胸と胸とが狂わしき動悸の拍子を合せ、その滝つ瀬のあぶら汗は、二人の身体をなまこの様なドロドロのものに解きほぐして行くかと見えました。
パノラマ島綺譚 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
は二間口の二り、には御神燈さげて景氣よく、空壜らず、銘酒あまたにならべて帳塲めきたるもみゆ、勝手元には七折々がしく
にごりえ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)