“騷”のいろいろな読み方と例文
新字:
読み方割合
さわ78.0%
さわぎ8.0%
さは4.0%
さや4.0%
わさ4.0%
さわが2.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「こんなことでお世間がしくてやうがないのでね、でも本當つてふんだよ」内儀さんは巡査一寸てさうして
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
「伜の萬次郎は恐ろしい道樂者で、昨夜も歸らなかつたと言ふが、今朝のの後で氣が付くと、二階の自分の部屋へ入つて、グウ/\寢て居た」
武村兵曹仲間つて、りに愉快だ/\といでつたが、何時何處から聞知たものか、轟大尉虎髯はぬつと
おのが夢に、天照らす大神高木の神二柱の神の命もちて、建御雷の神をびて詔りたまはく、葦原の中つ國はいたくぎてありなり。
町子かにのおそろしく、あがつて二母屋らんとたりしが、引止められるやうに立止まつて、此度狛犬臺石かゝり、もれ坐敷ぎをかにいて
われから (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
したるに依て此方へ召捕置たり但し吟味致すべきなれども亂心にれなき故今日引渡し遣す尤も由緒も是有家來ならば隨分を入て療治
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)