“困”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こま62.6%
こう19.8%
くるし6.2%
くる5.4%
1.3%
こまり1.0%
かう0.8%
こまっ0.5%
こん0.5%
むつ0.3%
いぢ0.3%
こまつ0.3%
じら0.3%
むず0.3%
むずか0.3%
コン0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ったねえ、えらい人が来るんだよ。られるといけないからもう帰ろうか。」私がいましたら慶次郎は少しって答えました。
二人の役人 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
山家あたりにむものが、邸中座敷までつともなくるのにじて、大峰葛城つた知音山伏んでると
くさびら (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
香以はまた負債にめられて、猿寺の収容陣地から更に退却しなくてはならなくなった。これが香以の四十一歳になった年である。
細木香以 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
少年の方は、学校を出てから何になろうか、自分の才能がどんな仕事に向くだろうかという事を発見し難く、モヤクヤとしんでいる。
東京人の堕落時代 (新字新仮名) / 夢野久作杉山萠円(著)
注意ふ」だの「將來」などは、おかしいけれどもまだ意味かるが、つてまはつて、意味じないのは、まことにまる。
国語尊重 (旧字旧仮名) / 伊東忠太(著)
吟味致すに筋違とは如何なる儀にや此段承まはりたしと御老人り切たる有樣なれば將軍にも御當惑の體にてが名君のし見え給ひど御の御樣子にて太田主計頭を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
りしも二度三度車夫しからずやあらん此職れざるにやあらん行返りててもしたらんにくいひてもしもせずすがりぬ
別れ霜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
れはた、今彼処で飲むと彼奴等が奥にて何か饒舌るに違いない、邪魔な奴じゃと云う中に、長州松岡勇記と云う男がある。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
今……南町奉行大岡越前守忠相、踏みもしない羽織の裾を踏んだと、愚楽老人に言いがかりをつけられて、そのふくよかな顔にじはてた色を見せ
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
「どうもねえ、柄の悪いやつを相手にすると、話がかしいものだからね。」
瘢痕 (新字旧仮名) / 平出修(著)
御自分はかくしへども、他所行着のおよりとりべりの手巾つけしたるくさ、散々といぢめていぢめて、いて、れからはしてかぬ
われから (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
御預け申て段々御勘定致さんと申に隱居は是を偖々事哉先月なれば早速用立申さんに當月は霜月ゆゑ何分貸難く氣の毒なりと申を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
やがて牝馬の傍へ寄って耳語をすると、牝馬は源の馬のんで、それを振廻して、もうさんざんにした揚句、さも嬉しそうな嘶きを揚げる。
藁草履 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
光源氏などはどうも理想の人物で当時の歴史を読んだ者にはこういう男子の存在を信ぜられません。昔から女には男を書く事がかしいのでしょう。
産屋物語 (新字新仮名) / 与謝野晶子(著)
離婚は悲しむべき事で或場合には罪悪とけてもいと考えますが、また或場合には罪悪かられる正当な手段と見る事も出来ますから、十分その真相を調べた上でなければ是非の判断はしい。
離婚について (新字新仮名) / 与謝野晶子(著)
シテ荊襄ヲ守ルスデニ数年
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)