“くる”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:クル
語句割合
40.7%
26.6%
15.1%
4.9%
2.8%
1.4%
1.2%
0.9%
0.9%
0.7%
0.7%
0.5%
佝僂0.5%
0.5%
息苦0.2%
久留0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
痀瘻0.2%
眩暈0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
で、その白鳥は、となってみると、までしみやしみにさんざん出遭ったばしいだったという気持にもなるのでした。
二十日の後、いっぱいに水をえたを右の上にせて剛弓を引くに、いにいの無いのはもとより、杯中の水も微動だにしない。
名人伝 (新字新仮名) / 中島敦(著)
お葉は紙入から札と銀貨を好加減に掴み出して、数えもせずに紙にんだ。懐中押込んで、彼女も裏木戸から駈け出した。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
おお、O'Grieオーグリー、なに事にも印度民族はこのディレンマにしめられます。信教と、民族発展とに背反するものを持つ……。
一週一夜物語 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
その木挽の代が十円ほど。木代、木挽代、運賃引ッめてずっと高く積ってまず四十五円位のものであろうと私は見ました。
【輝】光輝のひときは強くなりてダンテの目をめかせしは(額を壓す)天使の光日光に加はりたればなり
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
されども不良の子にしめらるるの苦痛は、地獄の呵嘖よりも苦しくして、も生前現在の身を以てこの呵嘖に当たらざるを得ず。
教育の事 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
雪空の様に曇りつゝ日は早やるにもなくなった。何処かにが鳴く。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
先刻内々戸のから見たとは違って、是程までに美しいそなたを、今まで木綿布子着せてた親のしさ、小間物屋もせたれば追付であろう、何なりとなのを取れ
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
早々小使錢もないのを渠等に見透かされるのが厭であつたからである。
泡鳴五部作:03 放浪 (旧字旧仮名) / 岩野泡鳴(著)
なるほど、そう言われて気をつけて見ると、誰も誰も皆裸で布団にまって、木枕の間から素肌が見えている。私も帯を解いて着物を脱いだ。よほど痒みも少なくてぎよい。
世間師 (新字新仮名) / 小栗風葉(著)
われをめかすもののあり
山羊の歌 (新字旧仮名) / 中原中也(著)
この佝僂病が人間性の上にのこされているうちに、まだわたしたちの精神が十分強壮、暢達なものと恢復しきらないうちに、その歪みを正常化するような社会事情を準備し
現代の主題 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
垢染みて膩光りのする綿の喰出した褞袍まつてゴロリと肱枕をしつゝ
貧書生 (新字旧仮名) / 内田魯庵(著)
彼は一際もの凄い声で⦅息苦しい!⦆と叫ぶと、地下へ戻つて行つた。三番目の十字架が揺れ出して、三人目の死人が立ちあがつた。
⦅ああ息苦しい、息苦しい!⦆さう、彼は人間らしくない奇怪な声で呻いた。その声はのやうに人の胸を貫いた。が、不意に死人は地の下へ消え失せてしまつた。
同役の久留十左衛門、近藤平八郎、大久保権右衛門等も、伝八郎の後から、眼いろを変えて駈けて行った。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
近邨で善く射る勇士程霊銑方へ蜃が道人に化けて来ていう、われ呂湖の蜃にしめらる、君我を助けなば厚く報ずべし、白練を束ねたる者は我なりと
額に八千代の唇が触つたやうな気持がして楯彦氏は吃驚して目を覚ました。鏡を見ると、白い布片まつた毬栗な自分の額が三一ばかり剃り落されてゐる。
りたるかなきは九郎兵衞殿如何なる前世の同士現在を分し伯父の中で有ら娘や婿なりと後家のお深にめられ解死人願ひは何事ぞと姑くは人をもみ身を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
北国の寒村である村だけ痀瘻病のない所があって、そこでは干物を沢山喰べるためにヴィタミンの補給が出来るのだという話は大変面白い。
室鰺 (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)
その青澄んだ、底無しの深淵を、いつまでもいつまでも見つめているうちに、私の目は、いつとなくグルグルと、眩暈めき初めました。
瓶詰地獄 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
滝太郎の秘密を守るために、仰いでその怪みを化榎に帰して、即時人の目をめたので。
黒百合 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
九万ハ性放誕不羈嗜酒任侠モスレバチ連飲ス。数日ニシテ止ムヲ知ラズ。ヤヽ意ニ当ラザレバチ狂呼怒罵シテソノ座人ヲ凌辱ス。マタ甚生理ニシ。家道日ニ日ニシム。
下谷叢話 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
昨日今日新墓死人墓衣まってれてゐよともはッしゃれ。いたばかりでも、身毛彌立ったが、大事つるなら、躊躇せいで敢行けう。
今からお眼が狂ふもの、乃公が時計はふたと、後のお詞聞かぬ為、私が合はしておきますると。ただ一分のその隙も、に過ごさぬ、竜頭巻。
したゆく水 (新字旧仮名) / 清水紫琴(著)