“墓衣”の読み方と例文
読み方割合
はかぎ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
墓衣ばかりでなく、彼の体にまでも滲み込んでいた死びとのような強い匂いはすぐに消えてしまい、とても一生涯癒りそうもなかった唇のひびも幸いに塞がったが
昨日今日新墓死人墓衣まってれてゐよともはッしゃれ。いたばかりでも、身毛彌立ったが、大事つるなら、躊躇せいで敢行けう。
きてゐるやうなら……埋葬所其間先祖填充ってあり、まだ此間めたばかりののチッバルトもまぶれの墓衣のまゝで