“身毛”の読み方と例文
読み方割合
みのけ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あなじ、と貫一は身毛弥竪ちて、れる枝を放ちかねつつ、看れば、の底に秋蛇の行くに似たる有りて、ほとほと逆落懸崖るべし。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
昨日今日新墓死人墓衣まってれてゐよともはッしゃれ。いたばかりでも、身毛彌立ったが、大事つるなら、躊躇せいで敢行けう。
お俊の説明を聞きて彼は身毛弥立つを覚えつつ
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)