“縋”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
すが96.9%
0.8%
0.6%
すかり0.3%
もつ0.3%
すがり0.2%
スガ0.2%
から0.2%
こび0.2%
すがっ0.2%
0.2%
とりつき0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼等が御題目を唱えていたのは、所謂苦しい時の神頼みで、御祖師様の御袖にって娘を取戻して貰おうという訳だったのでしょう。
黒手組 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
矢張りいて行きますと、花田はまた振り返り、苦い顔をして「乞食が乞食に縋くもんじゃない。一文にもなりやせんぞ」
生々流転 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
吾等が心情は已に古物となつた封建時代の音楽に取りがらうには余りに遠く掛け離れてしまつたし、と云つて逸散に欧洲の音楽にかんとすれば
黄昏の地中海 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
百樹曰、北越に遊びて牧之老人が家に在し時、老人家僕じて雪を形状を見せらる、京水にありて此図をり。穿物は、○なり。
この下には雑多な岩が並ぶとみえて、ちらちらちらちらと玉のを百千にいたよう、鰐鮫の巌に、すれつ、れつ。
高野聖 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
わたくしあなたにお申していると、気楽な
お前さまにおりするにも、其おまへさますら、もうおいでゞない此世かも知れぬ。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
そのうすあまい匂いは私のどうすることもできない、樹木にでもみつきたい若い情熱をそそり立て、悩ましい空想を駆り立ててくるのであった。
性に眼覚める頃 (新字新仮名) / 室生犀星(著)
方眼紙にドットして行った点の軌跡の曲線から発見し得た時の喜びようは、今でもこの眼にり付いている。
木魂 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
それをもわない浅間しさで、を抱いた洋服がやっと手をって乗掛けた処を、鉄棒で払わぬばかり車掌の手で突離された。よろめくと帽子が飛んで、小児がぎゃっと悲鳴を揚げた。
第二菎蒻本 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
そういう相手を高倉は引きるのだ。雲斎織りの上ッぱりはかぱかぱに凍っていた。その前襟をわしみにしてずるずると穴にはいって行った。さかく風が粉雪をあびせかけた。
石狩川 (新字新仮名) / 本庄陸男(著)
る人はなくとも雪さへなば木根岩角てなりと宿へかへらんと、雪のきゆるをのみまちわび幾日といふ日さへ虚々くらししが、熊は飼犬のやうになりてはじめて人間の事を