“橇”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
そり91.8%
かんじき4.1%
かじき2.7%
1.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
に乗ると、「カロリーナ・イワーノヴナのところへ!」と馭者に命じておいて、自分はじつにふっくらと温かい外套にくるまると
外套 (新字新仮名) / ニコライ・ゴーゴリ(著)
百樹曰、北越に遊びて牧之老人が家に在し時、老人家僕じて雪を形状を見せらる、京水にありて此図をり。穿物は、○なり。
○かくていそぐほどに雪吹ます/\甚しく、穿ゆゑく日もなんとす。此時にいたりて焼飯を売たる農夫れ、商人は焼飯に足をすゝめて
雛の微笑さえ、蒼穹に、目にんだ。金剛神の大草鞋は、宙を踏んで、渠を坂道へり落した。
夫人利生記 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)