“そり”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
40.1%
33.5%
9.0%
雪車2.4%
2.4%
雪舟2.4%
1.2%
剃刀1.2%
橇車1.2%
1.2%
秧馬1.2%
1.2%
輴哥1.2%
0.6%
意気0.6%
気合0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それには例の工学博士バクスターの案で、食堂の大テーブルをさかさまに倒し、それをとなしたので運搬はきわめて便利であった。
少年連盟 (新字新仮名) / 佐藤紅緑(著)
それから、自分の短い、のついた剣をはずして、パーシウスが前から下げていた剣の代りに、それを彼につけてやりました。
此上のねがひには此くろかみをこぼして玉はれかし、あな悲哉とて、に袖をあてゝさめ/″\とけり。
雪車に曳かれて着いた宿は、停車場から程遠からぬカルトン・ホテル Carlton Hôtel で、まだ新築の奇麗な家であった。
スウィス日記 (新字新仮名) / 辻村伊助(著)
叩立しかば一村二百軒の百姓やこそ名主殿へ盜賊が這入たぞ駈付打殺せと銘々得物々々へて其處へ來りヤア盜人は面をにてたるぞひて見よと聲々り盜人の面を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
我を忘れて駆り出す雪舟に乗り、何れの山に登るにも氷雪にて自由自在、さながら天国の遊戯ともいい得べく、春の一里は夏の二里より歩行にやすし。
尾瀬沼の四季 (新字新仮名) / 平野長蔵(著)
堀川百首兼昌の哥に、「初深雪にけらしなあらち山旅人にのるまで」この哥をもつても我国にそりをつかふのをしるべし。
剃刀の刃を合わせていた甚八が、急に何か思いついたように大声を出した。
その櫃を橇車に乗せて、行先へ送ろうとしたのを、かねてよりそこへ来て待ち設けていた忠婢某が出て来て、その中には破損しやすい物が這入っているのだから、自分が受け取って行くといって
法窓夜話:02 法窓夜話 (新字新仮名) / 穂積陳重(著)
泥行の用なれば雪中に用ふるとは製作なるべし。の字、○秧馬諸書散見す。は○雪車雪舟の字を用ふるは俗用なり。
泥行の用なれば雪中に用ふるとは製作なるべし。の字、○秧馬諸書散見す。は○雪車雪舟の字を用ふるは俗用なり。
泥行の用なれば雪中に用ふるとは製作なるべし。の字、○秧馬諸書散見す。は○雪車雪舟の字を用ふるは俗用なり。
をのする輴哥あり、これをのするほどにく作りたる物なり。二三月のころも地として雪ならざるはなく、渺々として田圃是下りて持分もさらにわかちがたし。
ヤ課長、無理ですよ、初め僕が同胞社に這入り込んだ頃、僕は報告したぢやありませんか、外で考へると、内で見るとは全く事情が違つて、篠田と云ふ男
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
や僕も、を食ひ荒して、斯様探偵にまで成り下つたんだから、随分惨酷なことも平気でつて来たんですが、——篠田には実に驚いたのです、社会党なんぞ
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
文三と意気が合わねばこそ自家常居からいだと云ッている昇如き者に伴われて、物観遊山に出懸けて行く……
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
ところで、鍛冶屋はこの老人とは日頃から気合があはなかつたので、腕つ節の強いにも似ず、父親のゐる時に娘のところへ出かけるなどといふことは先づなかつた。