“ある”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:アル
語句割合
41.7%
29.8%
歩行16.8%
3.5%
2.3%
2.1%
1.5%
0.8%
0.2%
徒歩0.2%
0.1%
0.1%
徒行0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
走行0.1%
蹌踉0.1%
遊行0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
こんなきんぼうでも、おばあさんだけは、るほど、かわいいとみえて、きんぼうのから、どこへでもついてきました。
泣きんぼうの話 (新字新仮名) / 小川未明(著)
そして観念らしい観念は死の立場から生れる、現実いは生に対立して思想といわれるような思想はその立場から出てくるのである。
人生論ノート (新字新仮名) / 三木清(著)
その洋傘だって、お前さん、新規な涼しいんじゃないでしょう。旅で田舎を持ち歩行いた、黄色い汚点だらけなんじゃありませんか。
第二菎蒻本 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
去年の一月末のつたに、わたしはろない義理で下町のある貸席へ顔を出すことになつた。そこに社中の俳句会が開かれたのである。
赤い杭 (新字旧仮名) / 岡本綺堂(著)
いいえ、放擲ッといとくれ。何だか云う事がッていうンだから、それを……聞かないうちは……いいえ、しゃ……あンまり人を
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
お作は柳町まで来て、最中の折を一つ買った。そうしてそれを風呂敷に包んで一端何かいられたような心持で、元気よくき出した。
新世帯 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
一八九四年版ブートン訳『亜喇伯夜譚補遺』一にも、アラビアで女生まれた時、占婦してこの女成人して、必ず婬を五百人に売らんと言いしがった事あり
所のへに大なるを時平の塚とし、小なるを時平の夫人の塚といふ。時平大臣夫婦の塚此地にべき由縁なきことは論におよばざる俗説なり。
そもどのような風雅のじを持っているのか? と、何ごころなく眺めやった露月のに、はじめて例の若衆ぶりが、突如として花のように映じたのであります。
艶容万年若衆 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
もうこうなっちゃ仕方がない、どんなに夜が更けようと、ずぶ濡れになろうと、いよいよ小山まで徒歩いて帰らなくてはならない、と思っている処へ、有難い事に、一台の空車が通りかかった。
黒猫十三 (新字新仮名) / 大倉燁子(著)
私のプーパタパタで、今用意の継続が保たれれば寧ろ上乗と思うべきだと考えます。そして、それだけは是非やりたいと思います。そして、自分の勉強をやりたいと思うの。
「あれは、処の狸じゃ」
村の怪談 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
まず「ケニントン」と云う処まで十五分ばかり徒行いて、それから地下電気でもって「テームス」川の底を通って、それから汽車を乗換えて、いわゆる「ウエスト・エンド」辺に行くのだ。
倫敦消息 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
御前うかしたのかい。大變いよ」とひながら、からして、實際御米姿た。れて、れてゐた。御米はたゞ
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
る日、千穂子が眼をさますと、もう与平は起きていた。うらうらとした上天気で、棚引くようながかかり、堤の青草は昨夜の雨で眼にみるばかりかであった。よしきりが鳴いていた。
河沙魚 (新字新仮名) / 林芙美子(著)
山家の人のに熊をこと二三疋、ひはたる熊一疋を殺も、其山かならずる事あり、山家の人これを熊といふ。このゆゑに山村農夫て熊を事なしといへり。
されば家事その他世の交際にいたるまでも。全権は浜子一人に帰して。女尊主義を主張し。自身はお手車で飛びけども。旦那様は腰弁当にて毎朝毎朝出かけて行き。りには観音坂下まで。
藪の鶯 (新字新仮名) / 三宅花圃(著)
もぶりの竹皮包みを手拭にてしばりたるがまさに抜け落ちんとするを平気にて提げ、大分酔がまわったという見えで千鳥足おぼつかなく、例の通り木の影を踏んで走行いて居る。
句合の月 (新字新仮名) / 正岡子規(著)
彼は耳をうように深く外套の襟を立てて、前屈みに蹌踉いて行った。眼筋が働きを止めてしまった視界の中に、重なり合った男の足跡、女の足跡。
(新字新仮名) / 池谷信三郎(著)
かれその遊行きて、そのする日を待ちたまひき。