“贅沢三昧”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ぜいたくざんまい92.9%
ぜんたくざんまい7.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
贅沢三昧に日を送りたいという考えで、人の妻になるものもなくないとの事であるが、誠に不心得極まる現象と言わねばならぬ。
夫婦共稼ぎと女子の学問 (新字新仮名) / 大隈重信(著)
しかも六郎兵衛自身は、伊達兵部から多額な金を取り、道場の収入も殆んど独占し、素姓の知れない女を三人も抱えて、贅沢三昧に暮している。
贅沢三昧ではない、生命の必須の要求なんでしょうが、気の立ちきっているお角には、それがそうは受取れないで、一口に、附け上りの、恥知らずの、図々しさが癪にさわり
大菩薩峠:26 めいろの巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)