“放蕩三昧”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ほうとうざんまい71.4%
はうたうざんまい28.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
蘿月は一家の破産滅亡の昔をいい出されると勘当までされた放蕩三昧の身は、につけ、禿頭をかきたいような当惑を感ずる。
すみだ川 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
Tのあの奇行の動機も、恐らく大部分はそうした好奇心だったに相違ない。T自身では、彼の放蕩三昧に対する細君の嫉妬を封ずる手段だと称していたがね。
一人二役 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
蘿月は一家の破産滅亡云出されると勘当までされた放蕩三昧の身は、につけ、禿頭をかきたいやうな当惑を感ずる。
すみだ川 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
常に友達の為めに借金を背負はされて居た程です、うも日本では今以て、鍛冶工など云へばに乱暴な、放蕩三昧な、品格の劣等の者の如く即断致しますが
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)