“鍛冶工”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かじこう33.3%
かじや33.3%
かぢこう33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“鍛冶工”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
早速、近郷の鍛冶工かじこうをよんできて、張飛は、一丈何尺という蛇矛じゃぼこってくれと注文し、関羽は重さ何十斤という偃月刀えんげつとうきたえさせた。
三国志:02 桃園の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
見たまえ、鍛冶工かじやの前に二頭の駄馬が立っているその黒い影の横のほうで二三人の男が何事をかひそひそと話しあっているのを。
武蔵野 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
鍛冶工かぢこうなど云へばただちに乱暴な、放蕩三昧はうたうざんまいな、品格の劣等の者の如く即断致しますが、今日こんにちの新職工は決してソンなものでは無いですからな、——今春このはる他の一人の職工が機械で左腕うでを斬り取られた時など
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)