“鍛冶場”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かじば75.0%
しごとば25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“鍛冶場”を含む作品のジャンル比率
文学 > フランス文学 > 小説 物語1.9%
文学 > ロシア・ソヴィエト文学 > 小説 物語1.6%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「済まないが、税金が五倍になった、今日は少うし鍛冶場かじばへ行って、炭火をいてくれないか」
オツベルと象 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
その息は鍛冶場かじばのふいごのよう、そしてあんまり熱くて吐いても吐いても吐き切れないのでした。
若い木霊 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)