“鍛冶”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かじ79.3%
かぢ15.9%
たんや2.4%
かぬち1.2%
クーズニッツァ1.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「なにが、無態だ。なんじらの馬鹿げた迷妄を、の勇をもって、ましてくるるのがなんで無態か。鍛冶を呼んで、を切らせろ」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
鍛冶仕事へてたが、それでもういふ職業くべからざる道具といふと何處でもさういふへてくれた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
それと、自然の歴史が、こゝの住民を、極めてゆるい年代の流れのあひだに混血してきた人種の鍛冶が考へられる。
折々の記 (旧字旧仮名) / 吉川英治(著)
作家組合には、ロシア・プロレタリア作家同盟(ラップ)ばかりでなく、マヤコフスキーが死ぬ二ヵ月ほど前まで属していた左翼戦線のグループも全露農民作家団体も、構成派の鍛冶も参加していた。
道標 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)