泣菫詩抄きゅうきんししょう
書肆岩波氏の需めにより、岩波文庫の一篇として、ここに私の作詩撰集を出すことになつた。 選をするにあたり、私はただ自分の好みにのみしたがつて取捨をきめた。紙數が限られてゐるので、暮笛集では尼が紅、二十五 …
作品に特徴的な語句
なみ 懸想けさう 頓死まぐ 息吹いぶき そら 小雨こさめ 干潟ひがた やじり めぐみ 海鼠なまこ とばり 藻屑もくづ 美作みまさか 烽火のろし 解脱げだち 山姥やまうば もだ 氷雨ひさめ くるぶし 足音あのと 鍛冶かぬち 常世とこよ 蛞蝓なめくぢ 詩歌しいか 海豚いるか 一群ひとむれ 魂魄こころ いただき ほぞ 野茨のいばら もり 面構つらがま ふな 柑子かうじ 大童おほわらは 係蹄わな 露店ほしみせ 茱萸ぐみ そゝ 危篤あつ 目路めぢ 素肌すはだ 白檀びやくだん しめし にせ かも 現身うつそみ えやみ 朽木くちき 水上みなかみ 昔日むかし 産土うぶすな ぐすり ながえ 上﨟じやうらふ あぎと 白金しろがね 御影みかげ 空手むなて 唐獅子からしし 石楠花しやくなぎ 鈍色にぶいろ 水脈みを 目敏めざと むろ 山脈やまなみ 波止場はとば 蠑螈ゐもり 野薔薇のいばら 小草をぐさ 死屍むくろ 五月さつき 向脛むかはぎ 千代ちよ 山颪やまおろし 牧場まきば かま 道化どけ まき 羚羊かもしか いはほ きのこ 生身いきみ 淺葱あさぎ 羽搏はうち 朝明あさあけ なが 平群へぐり 法被はつぴ けもの 白膠木ぬるで ちまた がら