泣菫詩抄きゅうきんししょう
書肆岩波氏の需めにより、岩波文庫の一篇として、ここに私の作詩撰集を出すことになつた。 選をするにあたり、私はただ自分の好みにのみしたがつて取捨をきめた。紙數が限られてゐるので、暮笛集では尼が紅、二十五絃では雷神の夢、天馳使、十字街頭では葛城 …
作品に特徴的な語句
むろ 女子をんなこ はゆ 女子をみな ひた うひ じら びら づよ あて 衣服ごろも 老女をさめ うみ いまし それ なか かを 童女をさめ をみ 永劫やうごふ 童女むすめ かぐ 呻吟によ をみな がたみ せち ざむ かをり えに きは あり ざれ うは うつ ふる せい 永劫えうごふ ほと しりへ 悲哀かなしび あざ をのこ をさ のり あかし かたはら かつ いう わな じゆ 童子うなゐ 男女をとこをみな かうべ ひじ 詐欺たばかり ゑま 永久とことは うろ ほほ いづ 何方いづれ しはぶ わろ 遠方とほち たゆ ぐわん 吾子わご あめ しほは 水馬すゐま もろ うま うつ 集會しゆゑ やは かがと ごろも やみ 白楊やなぎ うさ くちなは 男女をとこをんな だき いろくづ 永劫とことは うづ 狂氣くるひ いこ